すね毛を薄くするのにバリカンがおすすめ

すね毛を薄くするにはバリカン

このサイトでは、すね毛を薄くする方法として、すくカミソリとバリカンを推奨しています。

男性の場合、ツルツルまで剃らず、ボーボーすぎず、ほどよく毛が生えている状態で薄くみえるのが一番女子ウケがいいです。

そこで今回は、均等にすね毛を短くできるバリカンについて紹介していきます。長すぎるすね毛をバリカンで整えることで、薄くみえます。

すね毛処理はバリカンで何ミリに剃るのがいい?

すね毛の処理は、何ミリに設定するのがいいのでしょうか。短すぎると不自然さが出てしまいます。

また、短いとすね毛の毛並みが立ってチクチクしてしまいます。適度な自然の長さは6ミリと9ミリです。

バリカンの中には、1ミリ単位で調整できるものもあります。あくまでも上記の長さは目安なので、自分が納得いく長さに毛を刈りましょう。

すね毛のバリカン処理方法

①新聞紙を敷く

新聞紙を下に敷きましょう。後処理が楽になります。もし、新聞がない場合はタウンワーク、チラシなど無料のもので代替しましょう。

②バリカンで長さを決めて刈る

バリカンの長さを決めましょう。いきなり短く刈ると後戻りできないので、長めのミリ数でだんだんに短くしていくのがオススメの方法です。

③刈り残しがないか確認

ふくろはぎなど見えにくい場所は、刈り残しがないか確認しましょう。ふくろはぎだけ毛が長くてボーボーだと全体の見た目が悪くなります。

すね毛をバリカンで刈るメリット、デメリットまとめ

すね毛をバリカンで刈るメリット

・すね毛を薄くできる

バリカンを使えば、ツルツルすぎず、ボーボーすぎず、ちょうどいい長さですね毛を薄くすることができます。

・長さが均一で見た目が良い

すね毛を自然に長さに整えることができます。すくカミソリだと短くしすぎてしまう事もありますが、バリカンを使うので均一に整えられます。

・すばやく処理ができる

バリカンを使うと、すばやく処理することができます。長さが決まっているので、スピーディーにバリカンを当てて一気に処理を終わらせられます。

すね毛をバリカンで刈るデメリット

・短く刈りすぎると毛がチクチクする

すね毛の長さの刈るミリ数を短くしすぎると、毛並みが立ってチクチクしてしまいます。また、毛が短いと毛の先端が鋭利なのでチクチクします。

・毛が伸びてきたら毎回処理が必要

バリカンで均等に長さを整えても、毛が伸びてきたら毎回処理する手間があります。コレに関しては、どのすね毛を薄くする方法でも一緒ですね。

・毛が飛び散るので後処理が面倒

新聞紙を敷いても、意外とバリカンで刈った毛が飛び散ります。後処理に多少時間がかかるのが面倒なのもデメリットのひとつです。

すね毛にオススメのバリカン

ボディトリマー 電動バリカン 【1台3役 多機能】 ヘアカッター ヒゲトリマー USB IPX7

USB充電式でモバイルバッテリー、PCからも充電することができます。

1mm~20mmで長さを調節できます。肌をガードするアタッチメントがあるから、肌が弱くても安心。

防水なのでお風呂で剃ることも可能。3年間の安心保証付きです。

すね毛を整える以外にも、オールマイティなバリカン

すね毛を整える以外にもワキ、アンダーヘアー、眉毛、ツーブロックといろんな部位にバリカンを使えます。

手の甲3〜5ミリ、ワキ6〜8ミリ、すね9〜10ミリ、アンダーヘアー10〜12ミリくらいが目安です。

刈り高さ(1mm~20mm)が20段階で設定できます。バリカンで短くしたい部位によってミリ数を変更できます。

バリカン1つあれば体毛のあらゆる部分の処理できます。バリカンはオールマイティな商品なので1つ持っておいて損はないです。