すね毛が恥ずかしい夏にズボンはどうする?

悩み

夏で暑い時期に濃いすね毛をどうするのが正解なんだろう…

悩み

夏に長ズボンを履くのは不自然に思われるかな?

悩み

海に行ったり、半ズボンをどうしても履く機会があるときは、どうするのが正解なんだろう…。

すね毛を隠すために夏でも長ズボンを履いて隠す

夏でも長ズボンを履けばすね毛は隠すことができます。実際、夏で暑いのに長袖長ズボンだと「どうかしたの?」と疑問に思われます。

しかし、半袖+長ズボンの組み合わせであればそこまで気になりません。とはいってもすね毛が濃いと蒸れます。

では、もし夏場に長ズボンを履くとしたらどんなズボンがオススメなのかお伝えしていきます。

夏にはどんな長ズボンがオススメ?

ベージュのチノパン

チノパンでも黒系の色だと暑い印象を与えます。実際に太陽は黒色に対して光を通すので熱いです。

カーキ色だと春、秋っぽさ、白色だと似合う人が分かれたり、着こなしが難しいのでオススメしません。

一方でチノパンの中でもどんな色にも合わせやすいのがベージュです。また、夏でも涼しい印象を与えます。

シンプルですが季節を問わずに履けるので1つは持っておくといいです。

涼しい素材のGパン

夏になるとユニクロで涼しい素材のGパンが売られています。このタイプのGパンだと履き心地もよく、夏でも涼しいので蒸れにくいです。

ユニクロでは、ストレッチパンツのようなGパンなど多数取り揃えています。こういったGパンは冬を除いて履けるので1着は持っておきたいです。

「お気に入りのGパンは色落ちさせたくないから汗かく夏場に履いて洗濯したくない」という人もいるはずです。

ユニクロで安価で手に入るアイテムなので、サブのGパンとしても活躍するので夏場に向けて手に入れよう。

すね毛は濃いけど夏だし水着、半ズボンを履く場面

どうしても長ズボンではなく、水着、半ズボンを履く場面は出てきます。そういった場合はすね毛を処理するしか方法はありません。

すね毛をツルツルにしすぎても不自然ですし、短くしすぎても不自然です。主に方法は以下の3つあります。

・すね毛をすく
・脱色する
・バリカンで長さを整える

すね毛をすく

髪の毛でもあまりカタチを変えずに量だけ減らすことがあります。コレと同じで、すね毛をすくことで量を減らすことができます。

あまりやり過ぎると短い毛ばかりになってしまい不自然ですが、ある程度毛の量を減らす分には半ズボン、水着を履いても違和感ありません。

脱色する

脱毛して色を抜けば金色になり、肌の色に近くなるのですね毛が目立たなくなります。ただ、夏の時期にこの方法はあまりオススメできません。

近くでみると太陽に当たり金色に脱色したのが分かってしまうからです。遠くから見られる分には、あまり気にならないです。毛をやわらかくしたい、量を減らさずに目立たなくしたいのであれば脱毛しましょう。

バリカンで長さを整える

バリカンで整えるのは、すね毛をすく方法に似ています。ただ、バリカンの良い所は一度購入すればずっと充電して使うことができるところです。

また、長さが均等に揃うので一部だけ短過ぎるといった失敗が起きません。ツーブロック、髭の手入れ、坊主などあらゆる用途があるのでバリカンを持っておいて損はないです。

だいたい、6ミリにセットしてすね毛の手入れをすると薄すぎず、濃すぎずの長さになります。