なぜ、結果を出すビジネスマンはヒゲ脱毛をするのか?

なぜ、結果を出すビジネスマンはヒゲ脱毛をするのか?

自己投資だと理解している

結果を出すビジネスマンは、自己投資を必ずしています。自己投資といっても読書、経験などりますが、ヒゲ脱毛も自己投資のひとつだと考えます。

何か商品、サービスを買って一時的に終わってしまうのは消費です。

何か商品、サービスを買って長期的に自分のリターンになるのが投資です。

ヒゲ脱毛は後者です。将来にわたり髭剃りをするよりも、脱毛した方がお金、時間を節約できます。

また、その他にもヒゲ脱毛することで得られるメリットは金額以上のリターンがあることを理解しています。

「ヒゲ脱毛なんかで仕事も恋愛もうまくいくわけがない」と考えるか、「ヒゲ脱毛は最高の自己投資だ」と考えるかが人生を豊かにする大きな差です。

古い価値観にとらわれないから

「脱毛なんて女性がやるもの」といった古い価値観の常識にとらわれません。たとえば、ユーチューバがゲーム実況で稼いでいるという話を聞いたときに「自分も取り組んでみよう」と新しい価値観を捉えればビジネスチャンスになりますよね。

一方で、「お金を稼ぐのは汗水たらすものだ」と古い価値観にとらわれてしまうひと。こういう人は時代に取り残されてしまいます。

これと同じように「最近はメンズも脱毛する時代なんだ」と成果の出すビジネスマンは時代に合わせて柔軟に考えることができます。

長期的な視野で考えているから

ビジネスと同じで短期的な目先の利益ばかり追うと必ず失敗します。長期的にみて自分にとってお得なのかどうかで考えています。

「ヒゲ脱毛は10万〜20万もするのか」といったように短期的に物事をみていません。長期的(将来にわたって)10万〜20万で髭剃りから解放される、毎朝の髭剃りの時間、髭剃りのお金の節約になることを理解しています。

「どうせ、毎日髭剃りするくらいなら、ヒゲをなくした方がいい。計算してみると将来にわたって髭剃りするより、脱毛した方がお金も時間も節約できるじゃん」とこのように考えます。

第一印象の重要性を理解している

もし、あなたがお客さんだとしてどっちのビジネスマンから買いたいですか?

Aさん 短髪の黒髪。ヒゲがなくツルツルで肌がきれい。

Bさん 長髪の茶髪。髭剃りしているものの青ヒゲで肌荒れ。

極端かもしれませんが、見た目は商品の売れ行きにも影響します。また、取引先の人との会合、接客など人と会う仕事をしている人は第一印象で清潔感が大切です。

こういった第一印象で人に不快感を与えないためにも清潔感の重要性について、成果の出すビジネスマンはよく理解しています。

自信の有無が仕事に影響するのを知っている

自信があるか、ないか、これは仕事に大きく影響します。当然、プレゼンするにしても、営業に行くにしても、自信のある人間の方が成果を出します。

朝、髭剃りをしても夕方には青っぽくなりジョリジョリ状態。鏡をみたら自信をなくすのも当然でしょう。

しかし、こういったコンプレックスが原因なのであれば、自信をつくるのも簡単です。なぜなら、ヒゲ脱毛をしてツルツルになって過去の自分より、未来の自分の方が確実に自信をもてるようになるからです。

ある意味、自信をお金で買えるといっても過言ではありません。今まで自信がなくてお客さんの目を見て話せなかった人も、自信を持つことができれば、目を見て話せるようになります。

結果を出すビジネスマンは行動するスピードがはやい

もちろん、安い金額ではありませんので慎重に脱毛に関する知識を得たり、脱毛店を選ぶ必要はあります。

しかし、どんなに脱毛について詳しくなったとしても、その悩みは脱毛しない限り解消されません。

成果の出すビジネスマンは自分に合った脱毛店を選んだら、すぐに判断して足を運ぶという行動に移します。

これは仕事でも同じです。自己啓発、ビジネス書を読みあさっても、自分のコトに置き換えて行動しなければ何も現状は変わりません。

ほとんどの脱毛店が無料でカウンセリング、見積もりをしてもらえます。どこが自分にとって合うのか雰囲気も知ることができます。実際に足を運んでみるといいですよ。