ヒゲ脱毛は若いうちにしておいた方がお得な理由

脱毛は黒い色に反応する

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛と脱毛機械に種類はありますが、どれも黒い毛に反応します。年齢を重ねると白色毛、茶色毛になることもあります。

そうすると当然、脱毛の光や熱は毛に反応しません。何度、照射しても効果は出ません。また、毛には周期があり成長している毛に熱は反応します。

それを考えると若いうちに、黒くて成長期の毛に照射した方が効果的です。効果の出やすい学生〜20代の時期に脱毛する方が賢いでしょう。

時間とお金の節約になる

時間とお金の節約になります。髭剃り代、毎朝の時間を計算すると確実にヒゲ脱毛した方が将来的に安いです。

この時間とお金に関しては、当然、若いうちにすればするほど節約になります。いかにヒゲ脱毛が合理的な自己投資か理解できますね。

学割、ペア割が使いやすい

学生であれば学割が使えます。最近は、友人や家族を紹介するペア割といった制度もあります。しかし、これらについても考えてみると若いうちの方が使える可能性が高いです。

学割に関しては社会人になってから大学、専門学校に行く人もいますが、日本の場合多くの人は10代後半から20代前半若いうちに大学、専門学校に通うことになるでしょう。

ペア割で家族を誘うといっても難しいですし、社会人になってから友人を誘って脱毛へ通う場面は想像できないし現実的ではありませんよね。ただ、若いうちであれば友人とペア割で脱毛に通うことはあり得ますよね。

脱毛に通う時間を確保しやすい

せっかく、脱毛の契約をしたとしても予約を取り、脱毛しなければ効果は出ません。「予約を取る」ことがポイントです。なぜなら、男性の脱毛の需要が高まってきています。

土日は予約が取にくい状態になっています。そんな中でも若いうちであれば、社会人に比べて脱毛に通う時間を確保しやすいです。

空きコマ、休日を活用すれば、平日に脱毛することが可能です。こういった時間を確保しやすい学生、フリーターなどは脱毛しやすい環境にあります。

若い方が痛みに耐えられる

歳を重ねると考え方がある程度、決まってきます。そのため、脱毛して痛みに耐えられないと思考したら最後。脱毛の痛みに耐えようといった気持ちは、なかなか芽生えません。

しかし、若いうちであれば「せっかく契約したし頑張ろう」「ツルツルになって自信をつけるためだ」「きれいな肌になってモテるんだ!」と理由は人によって違いますが、将来のことを考えて痛みにも耐えようと頑張れます。

それに30代、40代、50代よりも10代、20代のうちの方が脱毛の多少の痛みにも耐えられるはずです。

仕事、恋愛に影響する可能性

もし、たとえばあなたが営業マンだったとします。はじめに見られるのは外見です。その外見が髭剃りした後の青ヒゲな状態だったら、お客さんはどんな印象をもつでしょうか。

こういった仕事の面にもヒゲは影響してきます。もちろん、顔だけで営業の成約が変わるわけではありませんが、清潔感のある印象が成績に反映されるんだとしたら脱毛した方がいいです。

恋愛にも同じことが言えます。日本で女性は、男性のヒゲはナシ派が圧倒的に多いです。「似合ってればいい」という意見もありますが、それは俳優、モデルといった顔が整っているレベルの人のみだと理解しましょう。

歳を重ねても肌を若く保てる

髭剃りは肌に刃を当てて表面に出ている毛を剃っています。何年も肌に刃を当てれば肌はダメージを受けます。しかし、若いうちから脱毛とスキンケアを徹底していれば肌は老いません。

10代、20代の頃のケアが歳を重ねたときのツケとして回ってきます。脱毛すると毛がポロポロと落ちたときにツルツルになるので、自然と「スキンケアをしよう」という気持ちになります。

早いうちから年老いた肌にみられないためにも、脱毛とスキンケアをすれば、歳を重ねても肌年齢は若く保つことができます。年齢よりも若く爽やかにみられるようになります。