ヒゲ脱毛の当日にレーザー脱毛の痛みが怖い人のための考え方

髭メガネ

ヒゲ脱毛の当日ってどうしてあんなに憂うつな気分になるんだろね。。
うーん。気持ちものすごくわかる。当日ってなんかね。みんな痛みは嫌だよね。ただ、僕は方法によって憂うつな気分から抜け出せたよ。

美男(ビオ)

髭メガネ

え?そんな方法あるの?
うん。こういうのは精神面が影響していることが多い。だから、考え方を変えるだけでも大きく変わるよ。

美男(ビオ)

髭メガネ

考え方?
うん。痛みの感じ方自体は変わらないけど、きっとラクにはなるだろうからその方法について紹介するよ。

美男(ビオ)

脱毛の当日になると数回照射していても憂うつな気分になるものですよね。ただ、それだとせっかく契約しても通わなければ効果もないままです。また、お金もムダになってしまいます。

そうならないためにも、脱毛当日に痛みの怖さをなくす方法を紹介します。実際してみると意外に耐えられるようになるようになります。

悩み

脱毛する前後でどんなことをすれば、痛みの怖さを避けられるのか

悩み

施術中にどんな対策をして痛みを和らげている方法は何かあるのか。

悩み

脱毛する当日になると憂うつな気分になってしまう。何か憂うつをなくす方法を知りたい

イメージする力を理解しよう

催眠術に使われたりするテクニックとしてイメージがあります。たとえば、「レモンを思い浮かべてください。そのレモンを包丁で二つに割り、口の中に入れて下さい。とてつもなくすっぱい味がします。」これをイメージすると唾液が出てきますよね。

こうしたように人は自己暗示はすごいパワーをもっています。これを脱毛でも応用します。「痛くない、痛くない、痛くない」といったイメージでは無理があります。そうではなく、脱毛機械の理解、意識の焦点の当て方、脱毛前後の考え方についてのイメージ。

どうしても照射しているときは、現在の「痛いこと」に集中してしまいますが、脱毛して髭剃りから解放される未来、ツルツルになって自信を持っている自分をイメージしましょう。

脱毛機械を理解すること

まず、脱毛機械について知っていると脱毛最中にも冷静に痛みを緩和できます。多くのエステ、クリニックで使われている脱毛機械では、照射した瞬間にシュッと冷却するシステムで冷やす仕組みになっています。

バチッバチッと照射しているときは、「熱くて痛い」ということを考えがちですが、冷却装置がついているためヤケドになることがほぼありません。

この装置があることによってヤケドも起こりにくくなっているし、高音の熱さもすぐに冷ましてくれていることを理解しましょう。

意識の焦点を痛みに向けない

人は何かに意識を向けると他のことが視野に入らなくなります。たとえば、ネガティブなことに目を向ければ、ネガティブなことが多く目に入るようになります。ただ、実際は自分でそこに焦点を当てているに過ぎません。

意識の焦点を痛みに向けてしまうののではなく、違うことに向けましょう。「痛い!」と感じてもそこに焦点を当てて考えはじめると、ずっと終わるまでそのことばかり考えてしまいます。

ここに焦点を当てるのではなく、照射したときにシュッと音が聞こえて、冷やされていることに意識を集中させると「ちゃんと冷やしてるから大丈夫だ。」と冷静に考えられて熱さ、痛みに意識がいかなくなります。

ご褒美作戦で脱毛を耐え抜く

馬の前にニンジンぶら下げて走らせるのと同じように、脱毛した後に自分の好きなものを食べるようにすると、耐えようとがんばれます。

時間的には昼食前、夜食前に空腹の状態で脱毛に行きましょう。そして、これを頑張ったら快の気持ちがあるといったように脳をうまく騙しましょう。

毎回、給料日後に脱毛を行くようにすれば金欠ということもないのでオススメです。好きな食べ物だけでなく、好きなことなら何でも応用できます。

継続しないとお金のムダと考える

せっかく、稼いだお金です。そのお金が「痛み」が理由でムダにしてはもったいないです。損をしないためにも脱毛は必ず継続させましょう。

どうしても痛くて耐えられそうになければ、無理せず麻酔を使うこと、照射パワーを弱めることもできます。

多少の料金を払えば麻酔によって痛みが緩和されるのであれば使った方が、続かなくて効果がないよりマシです。

昔に比べて技術が向上して、麻酔もありますし、脱毛機械も痛くないメディオスターNeXTPROもあります。

痛みに弱い人は数回フラッシュ脱毛、メディオスターNeXTPROで毛を減らしたり、痛みに慣れてからレーザー照射するのもひとつです。