経営者、社長がヒゲ脱毛する理由が独特で面白い

経営者、社長がヒゲ脱毛する理由が独特で面白い

髭メガネ

しゃっ↑ちょさんとか経営者の人たちって考え方が面白いよね。
それ本当に思う。常識に縛られないし、考え方が独創的だよね。

美男(ビオ)

髭メガネ

そうそう。しゃっ↑ちょさんってヒゲ脱毛したりするのかな?
そうだね。そりゃしてる人はいるでしょ。ただ、一般の人たちとヒゲ脱毛する理由が違っていて面白いよ。

美男(ビオ)

髭メガネ

え?どんな理由か気になる。
じゃあ今回は社長、経営者がヒゲ脱毛する理由について紹介していくよ。ものすごく勉強にもなるよ。

美男(ビオ)

外国と日本のヒゲの見られ方

社長さんがヒゲ脱毛をする理由の前に日本と海外でのビジネスシーンで「ヒゲ」についてのとらえ方について簡単に紹介したいと思います。

外国でヒゲは、こう見られる
・ヒゲを生やすことが個性
・ヒゲは男らしさの象徴
・ヒゲはファッション

 

日本でヒゲは、こう見られる
・ヒゲは剃ることがビジネスマナー
・ヒゲは相手に悪印象を与える
・ヒゲを生やすのは不潔

どちらかというと外国では、ヒゲを生やすことがメリットとして見られることが多いです。一方で、日本ではヒゲを生やすことはデメリットに見られることが多いことがわかります。

こういったことからか日本では、ヒゲなし=清潔感がある と思われて相手に好印象を与える傾向があります。

毎朝の髭剃りの時間を時給換算

「ヒゲ剃りの時間を経営者らしく時給換算したのが、Iさん。ここではわかりやすく単純計算で説明します。(単純計算なので細かい突っ込みはしないでくださいね・笑)

ビジネスマンを時給換算にして(低く見積もっても)1500円。 毎日、ヒゲ剃りに費やしている時間を500円と考えた場合、1年365日で18万2500円。

それを定年まで約40年間と考えると、その金額は730万円。とはいえ、休日もあれば、ヒゲ剃りをしない日もあるので、それをアバウトで引いたとしても、定年まで500万円はくだらないだろう」

ヒゲ脱毛の料金を長期的にみる

ヒゲ脱毛を顔全体ツルツルにするくらいまでの料金相場は医療クリニックで10万〜20万円です。一時的に一括でこの金額を支払うのは高いです。

しかし、社長は一時的な金額だとは思いません。毛根から破壊して毛が再生しなくなるのが脱毛です。

つまり、一時的には大金だとしても将来にわたって考えると1日数十円の支払いをしたという計算になります。

このように一時的にお金を支払ったようで実は将来の自己投資になり、毎朝の髭剃りの時間をお金で買うのは安すぎると考えます。

髭剃り代と脱毛料金の比較

20歳から65歳まで45年間で計算します。ひげ剃り、化粧水、替えの刃、髭剃りの泡などを少なく見積もって1000円とします。

1年で12,000円、45年間で540,000円のお金がかかる計算になります。どれだけの金額が節約できるか。

20歳から65歳までで毎朝5分をヒゲ剃りに使っているとすると5分×365日×45年で82125分、日数に換算すると約57日間ヒゲを剃り続けることになる

こういった髭剃りをすること、脱毛することを数字にしてどちらが損をしないのかを理解しています。

人前での与える印象を意識している

社長、経営者は人前に出てプレゼンしたりすることが多いからか、相手からどう見られるかに気を遣っています。

どんなふうに見られるかについて、資料はもちろん、自分自身にも配慮を欠かしません。そのため髪型、ヒゲ、スーツ、靴、時計といった自分に関連するものの見え方を意識しています。

日本では、髭ボサボサの不潔そうなトップとヒゲがツルツルのトップでは圧倒的に後者の方が会社の印象も明るく感じるでしょう。

社長、経営者はヒゲ脱毛すべし

メンズ脱毛が流行ってきて、なかなか予約が土日は取りづらいです。しかし、社長や経営者は平日に時間を確保して脱毛に通うこともできます。

忙しくても脱毛はたった数分で終わりますし、上記のような理由を考えたらヒゲ脱毛した方がお得ということが納得できるかと思います。

社長、経営者は時間を有効に活用することの大切さをよく知っていることでしょう。他の社長、経営者に遅れを取らないためにもヒゲ脱毛へ急げ。