ヒゲ脱毛でよくある失敗パターンと失敗しない方法

髭メガネ

うーん、なんだかなぁ…
どうしたの?

美男(ビオ)

髭メガネ

ヒゲ脱毛に興味あるんだけど、失敗することもあるって聞いたんだよね。
うーん。失敗しないとは言い切れないよね。でも、あらかじめ、いくつかの失敗パターンを知っておけば、事前にその失敗を防げることが多いよ!

美男(ビオ)

髭メガネ

ホントに?やっぱり知っているか、知らないかの差って大きいんだなぁ。
うん。じゃあ今回はヒゲ脱毛でよくある失敗パターンと対策方法について紹介していくよ!

美男(ビオ)

誰もがヒゲ脱毛するにあたって、失敗したくないですよね。しかし、意外と脱毛初心者が失敗してしまいがちなことはいくつかあります。

このパターンを覚えておけば、金銭面、時間面、肌トラブル、効果などあらゆる方向で後悔することがなくなります。できるだけ失敗をなくす方法について紹介します。

悩み

脱毛は安い買い物じゃないから、大金を払って効果が実感できないといったことをなくしたい

悩み

肌が弱いため、脱毛した後に肌トラブルを引き起こさないか心配。どうすれば失敗せずに脱毛できるか知りたい

悩み

知らずにやっているかもしれないヒゲに関する失敗の習慣が身についているかもしれないから教えてほしい。

効果のない脱毛店を選んだ

まず、効果のない脱毛店を選んだら、その時点でお金、時間を吸い取られると思ってください。それくらい脱毛店選びは重要だということです。

どんなに初回料金が安く施術できたとしても効果(結果)がないのであれば、脱毛する意味がありません。

残念なことに

施術した=効果が出る

というわけではありません。効果のある脱毛機械で施術しなければ、永遠に脱毛は完了しません。

対策

効果のない脱毛店を選ばないために、当サイトでは基本的に医療クリニックをオススメしています。なぜなら、エステ脱毛と医療脱毛では効果の速さに大きな差が出るからです。

また、医療クリニックの中でも、脱毛ランキングで決めるのではなく、自分に合わせた脱毛店を選ぶようにしましょう。

脱毛機械が肌に合っていない

脱毛機械が肌に合わないのにも関わらず、照射していると肌荒れを引き起こしてしまいます。また、最悪のケースだとヤケドになることもあります。

脱毛機械は肌の色、毛質によって照射可能な場合と照射できない場合があります。これを無視して照射することでヤケドや肌荒れの原因になります。

対策

やはり、コレも有資格者しか照射できない医療クリニックを選ぶことになります。もし、照射後にヤケドや肌荒れがあっても医師が常駐しているので、トラブルにすぐ対応できるからです。

他には、日焼けをなるべくしないように冬でも外出時は日焼け止めを必ずするようにしましょう。

毛周期を守らずに脱毛する

毛周期についての記事は以前にも説明していますが、毛周期を守らずに脱毛しても全く効果はありません。

コレを知らずに「はやく脱毛完了したい」という理由で、脱毛店ハシゴをしたり家庭脱毛機と並行して脱毛に通ったりするのは避けてください。

対策

家庭脱毛機にしても脱毛店にしても必ず施術したら、期間を空けてください。どの脱毛機を使うか、脱毛店によっても空ける期間は変わりますが、目安としては3週間から2ヶ月です。

この脱毛周期を守らずにたくさん照射したからといって、脱毛効果がUPするわけではありません。脱毛し放題といったような脱毛店でも毛周期は守るようにしてください。

毛抜きをしすぎて埋没毛

毛抜きをしてしまうと皮膚下で。ちぎれてしまった毛が表面に出てこれなくなることがあります。そうした毛に照射をしても効果がありません。

埋没毛は色素沈着や肌荒れにもつながるので、埋没毛にしないようにすることが大切になります。

対策

毛抜きをしないに尽きます。もし、毛抜きをしてしまったことがあるのであれば、1ヶ月、2ヶ月と日を空けてから脱毛するようにしましょう。他には洗顔、保湿で埋没毛を減らしましょう

契約したのに予約が取れない

脱毛し放題、無制限コースといったお得なコースで脱毛の契約をしても予約が取れなければ契約した意味がなくなってしまいます。

お得なコースは予約が殺到してしまうので、土日は予約が取りにくい傾向にあります。工夫して予約しないと毛周期を守った脱毛ができません。

対策

もし、多数店舗を展開しているのであれば人が少なそうな店舗で予約するのがひとつです。他には脱毛した日に1ヶ月後、2ヶ月後といった先の予約をしてしまう方法です。最後は平日の昼休みに通える店舗の予約するのも方法のひとつです。

脱毛したら痛すぎて続かない

お金を払って契約したものの、脱毛が痛すぎて通うのが憂うつになって通わなくなるパターンです。当然ですが、せっかく、お金を払っても通わなければ効果は実感できます。

たしかに、脱毛は光や熱を当てるわけなので痛いです。ただ、それを乗り越えなければ効果は実感できません。うまく工夫することによって脱毛を継続させることができます。

対策

笑気麻酔、使う脱毛機械によって脱毛する痛みを軽減できます。後は意識を変えてみてください。脱毛は光や熱を当てるので「痛い」というイメージのみ浮かびますが、最近の脱毛機械は、ほとんどに冷却装置が付いています。

照射した瞬間に冷やしていると意識すると少し痛みがやわらぎますよ。これから脱毛をはじめようと考えているのであれば、無料パッチテスト、キャンペーントライアルなどを行なっている脱毛店もあるので、耐えられるのか経験してみるのもいいでしょう。