【メンズ必見】ヒゲ脱毛で失敗するパターン10

【メンズ必見】ヒゲ脱毛で失敗するパターン10

「ヒゲ脱毛」で失敗してしまうには、いくつかのパターンがあります。効果だけでなく、値段、パワー、脱毛間隔などさまざまな失敗要素があります。

私自身も脱毛についてたくさんの失敗をしてきたので、その体験談も含めて失敗するパターンを書いていきます。これからヒゲ脱毛を検討している人は失敗しないように覚えておいて損はないと思います。

この記事はこんな人におすすめ

・ヒゲ脱毛をしようと思っているけど、失敗するパターンを知りたい人

 

・ヒゲ脱毛をするときに注意する点を知っておきたい人

 

・せっかくお金を払うのであれば失敗しない効果的な脱毛を知りたい人

ヒゲ脱毛の失敗にはパターン

ヒゲ脱毛で失敗してしまう場合、いくつかのパターンがあります。結論から伝えてしまうと以下の10個のパターンが、失敗しがちな点になります。ひとつひとつ細かくみていきましょう。

・脱毛クリームを使っている

・脱毛料金の相場を知らない

・お得なクーポンを忘れている

・短期的な値段での判断

・脱毛店を間違えている

・毛周期を守っていない

・日焼けした肌での照射

・肌のケアをしていない

・脱毛機のパワーの強さ

・脱毛機械が合っていない

脱毛クリームを使っている

抑毛ローション、除毛クリーム、ブラジリアンワックスといったお手頃な価格でクリームを塗るだけで簡単に脱毛できるモノでは根本的な脱毛することはできません。

「脱毛」という言葉があやふやになっていますが、ここでいう「脱毛」は剛毛や青髭が一時的でなく、永久に脱毛されることを指しています。

上記のような商品を使っても髭剃りをしているのと同じですぐに毛は生えてきます。大豆、パイナップルといった成分が抑毛する効果があると言われていますが青髭が解消されたり、毛が薄くなることはないので注意です。

脱毛するなら脱毛ローション、クリームではなく、脱毛機で脱毛する必要があります。一時的に「安いし青髭がなくなればいいかな?」という気持ちで手を出したくなる気持ちはわかりますが、効果は実感できません。

ヒゲ脱毛料金の相場を知らない

ヒゲ脱毛の値段がどれくらいするのかわからずに契約してしまうと大変です。なぜなら、めちゃくちゃ高い脱毛料金が「いまだけ激安で割引!」といった理由でキャンペーンされることがあります。

しかし、調べてみると安くなっているようにみえて実は相場よりも高いといったケースもあります。エステと医療(クリニック)によっても値段が変わってきます。エステは光脱毛。医療はレーザー。

短期的にみるとエステが格安です。ただ、長期的に効果を実感することを考えると医療の方が確実に安いです。なぜなら、エステ脱毛に通うとなると何十回の通ってもなかなか効果を実感しないからです。

私もエステ脱毛に20回以上通いましたが、少し毛が生えなくなったのと青髭が解消されたくらいでツルツルにはなりませんでした。

以下は店舗によって値段は違いますが、首以外の顔全体をヒゲ脱毛したと仮定したときの相場になります。

エステ脱毛12回約6万円

医療脱毛12回約12万円

お得なクーポンを忘れている

ほとんどの脱毛店ではお得なクーポンがあります。学生割引、乗り換え割引、会員割引、LINE友だち割引、紹介割引など色んな割引制度があります。

もし、これから脱毛を考えているのであればこういった割引制度があるか必ず確認するようにしましょう。私は湘南美容クリニックでヒゲ脱毛をしていますが約4万円近く安くなりました。

ここまで値引きが可能な脱毛店は湘南美容クリニックしかありませんが、多くの脱毛店ではお得なクーポンがあるのでSNSや脱毛店を必ずチェックするようにしましょう。

本来、10万円の脱毛価格が少し割引されたら他の好きなことにお金を使えます。知っているか知らないかで損することのないように情報を集めて活用してください。

短期的な値段での判断

エステ脱毛が多いですが、6回コース2万円代で安い!と感じるかもしれません。私も脱毛し始めたとき、そうでした。しかし、20回以上通って効果を実感したかといえば、そこまで満足しない結果でした。

結局、トータルで10万円以上をエステ脱毛に使いましたが、満足いく効果は実感することができませんでした。

短期的に安くても満足のいく効果を実感することを考えると値段だけではなき、自分が満足できる脱毛店を選ぶ方が大切ということです。

激安の値段は、来院してもらってそれからリピーターになってもらうための企業側の戦略です。「なぜ、ここまで安いのか?」を契約前に一度考えるようにしましょう。

脱毛店を間違えている

上記でも伝えてきましたが、脱毛店を間違えると満足できない効果になることがあります。どこを目指すのかによっても選ぶ脱毛店は変わってきます。

エステ脱毛と医療脱毛についてですが、満足いく効果を実感したいのであれば迷わずに医療脱毛を選んて下さい。詳しくは違う記事で書いてあるのでそちらを参考にしてください。

参考 髭脱毛はエステ脱毛だと効果なし?エステ脱毛と医療脱毛を経験した体験談Menテナンス

値段で選ぶのではなく、脱毛は満足のいく効果で選ばなければなりません。せっかく安くないお金を支払うわけですから、そのことを忘れずに覚えておきましょう。

毛周期を守っていない

毛には脱毛周期があります。その脱毛周期を守らずに脱毛しても効果は実感しにくくなることがあります。それは効果のある脱毛機械を使っても同じことがいえるので脱毛周期を守って予約する必要があります。

どのくらいの照射間隔で通えばいいのかは、脱毛する店舗によって違います。脱毛する場所でスタッフに毛周期について教えてもらいましょう。

照射間隔は空けすぎても、空けなすぎても効果がありません。それを踏まえた上で脱毛することでより効果を実感することができます。

日焼けした肌での照射

基本的に日焼けした肌での照射はできません。ただ、多少の日焼けということで脱毛をしてヤケドになってしまうこともあります。

日焼けした肌での照射はしないようにしましょう。中には、日焼けした肌でも脱毛できる機械もあります。

脱毛期間中は日焼けしないように冬でも外に出る時は日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

肌のケアをしていない

肌のケアをしないと脱毛効果に影響します。例えば、埋もれ毛です。埋もれ毛は皮膚の下で毛が切れてしまったりして表面に毛が出てこなくてなってしまう状態です。

当然ですがそこに照射しても脱毛効果は得られません。他にも肌荒れを引き起こさないためにも洗顔、アフターローションは忘れずにケアしましょう。

脱毛期間中は面倒であってもスキンケアを継続する必要があります。風呂でシャンプーするのと同じくらい習慣化してしまいましょう。

脱毛機のパワーの強さ

脱毛機のパワーが弱すぎると全然効果が実感できないことがあります。初回だとどこの脱毛店でも一番弱いパワーで照射されます。ただ脱毛していれば効果を実感できるわけではないです。

スタッフに「脱毛の効果はどうでしたか?」と聞かれたら「あまり効果は実感しなかったのでパワーを強くしてほしお」と伝えると脱毛機のパワーを上げてもらえます。

脱毛機のパワーを弱く照射しても、強く照射しても同じ値段なのであれば強く照射したいものです。痛みに耐えられるのであれば、脱毛機のパワーも考えてみましょう。

脱毛する機械が合っていない

エステと家庭用脱毛機はフラッシュ脱毛です。有資格でなければ毛根を破壊することはできません。そのため強いパワーの光で照射することはできません。そのため効果も弱いです。

医療クリニックはレーザー脱毛とバルジ破壊脱毛の2つがあります。レーザー脱毛は有資格の医師と看護師が照射します。毛根を破壊します。バルジ領域の脱毛機は毛の再生を命令する箇所に熱を与えて破壊する機械です。

医療脱毛の機械でなければ脱毛効果に満足することはできないです。そして、医療脱毛でも毛の色、濃さ、痛みといった点でも脱毛機を選ぶ必要があります。自分は、どの脱毛機械に合うのかは総合的に判断だ方が賢明です。

まとめ

ヒゲ脱毛には色んな失敗するパターンがあります。色んな商品、脱毛と経験してきたからこそ、遠回りせずに最短で効果を実感してください。正しい方法でヒゲ脱毛をして、髭コンプレックスから解消して下さい。